貼るだけで体を温め、基礎代謝をアップさせるダイエットパッチ、ヒートスリム42℃。

難しい部分やせに効果が期待できると、最近話題になっています。

貼るだけで運動したかのような脂肪燃焼効果が期待できるので、もしかしたら、妊娠中の体重管理や授乳中のダイエットに使えるかも?と思った女性もいらっしゃるかと思います。

でも、実際妊娠中や授乳中は本当に大丈夫なの?

刺激を与えてしまうのでは?

と不安に感じますよね。

今回は、ヒートスリム42℃を妊娠中や授乳中に使用しても大丈夫なのか?調べてみました!

ヒートスリム42℃が肌に与える影響は?

まず、ヒートスリム42℃の成分です。

ヒートスリム42℃の成分には唐辛子に含まれるカプサイシンが使われています。

唐辛子=刺激物と懸念してしまいますが、ヒートスリム42℃は韓国皮膚臨床科学研究所で皮膚無刺激判定を受けています。

カプサイシンの成分が含まれていますが、直接皮膚に刺激が与えられることはありません。

次に、肌に直接貼るヒートスリム42℃の素材です。

妊娠中は肌が敏感になりやすいですね。

パッチを直接肌に貼って大丈夫なのでしょうか?

実はヒートスリム42℃に素材は、医療用と同様のものを使用しています。

なので、安心して貼ることができます。

また、韓国で特許も取得しています。

特許をとるためには、厳しい人体適応テストなど多くのテスト項目を合格しなければなりません。

ヒートスリム42℃は、医療用のパッチと同じ素材を使い、植物由来の成分で作られているため、肌に刺激を与えたりむれやかぶれの心配もありませんでした。

これなら、妊娠中や授乳中でも使えそうですよね。

※ヒートスリム42℃を妊娠中に使う場合の注意点
ヒートスリム42℃は、人体に安全なものだけ使用しているので、妊娠中や授乳中でも安全に使用できそうということがわかりました。

しかし、人によって体調はさまざまですので、万が一のことも考え、使用する前にかかりつけの医師に相談しましょう!

また、肌に負担をかけない為にも、使用時間や頻度に気を付けましょう。

ヒートスリム42℃の推奨する使用頻度は、2日に1回8時間ですが、妊娠中や授乳中は肌も敏感になっているので、無理せず肌の状態をみながら使用しましょう。

また、ヒートスリム42℃は、体を温める効果があるので、汗をかきやすくなります。

汗をたくさんかくことで、脱水症状を起こさないように水分補給はしっかりまめに行いましょうね!

ヒートスリム42℃を妊娠中に使用するには?

ヒートスリム42℃の成分や素材からみても、妊娠中や授乳中に使用しても体に悪い影響はなさそうです。

逆に、妊娠中や授乳中は、激しい運動もできないですし、厳しい食事制限などもできません。

そこで貼るだけでダイエットできるヒートスリム42℃は魅力的ともいえます。

なので、かかりつけの医師に相談して大丈夫ということなら、ヒートスリム42℃を上手に利用するといいですね!

しかし注意事項でもお伝えしましたが、くれぐれも自分の体を大切に、無理せず負担がかかる場合は無理して使用しないようにしましょうね!

>>ヒートスリム42℃の公式サイトはこちら