お尻や太もも、お腹など、脂肪が気になる部分にみられるセルライト。

表面がボコボコして見た目にも醜いですよね。

しかも、一度ついてしまったセルライトを解消させるのは難しいといわれています。

どうしてセルライトはできてしまうのでしょうか?

セルライトができる仕組みを知り、セルライトを予防しましょう!

※セルライトができる仕組みとは?
セルライトとは、肥大化した脂肪細胞のことをいいます。

なぜ、脂肪細胞が肥大化してしまうのでしょうか?

それは、血行不良などにより、リンパや血流がの流れが悪くなると体内に老廃物が溜まりやすくなります。

体内に溜まった老廃物が脂肪細胞にくっつくことで、酸素や栄養素が受け取れなくなるため、脂肪細胞が代謝できなくなります。

代謝できなくなった老廃物が固まってしまい、この老廃物が溜まると表面がボコボコしてセルライトになります。

これがセルライトができてしまう仕組みです。

つまり、セルライトの原因は、血行不良やリンパの流れが悪くなることが原因です。

血行不良の原因は、運動不足、冷え、むくみ、喫煙などがあげられます。

また、ストレスやホルモンバランスの乱れなどが原因の場合もあります。

セルライトを予防するには?

セルライトができる仕組みいついてわかりましたが、セルライトを予防するにはどうしたらいいのでしょうか?

セルライト予防の対策をまとめてみました!

運動不足を解消

運動不足になると、血行不良になります。

すると新陳代謝が低下し、脂肪がつきやすい状態になってしまいます。

程よく運動をして、筋肉に栄養を送り、血行の流れをよくしましょう!

体の冷えを解消

セルライトの最大の敵である冷え。

冷えにより血行不良がが起こってしまうので、体を冷やさないための対策を行うのが重要です。

足元が冷えると血行が悪くなるので、靴下をはくなどして足元を冷やさないようにしましょう。

また、体の中から温める方法として白湯もおすすめです。

朝起きたら80度前後の白湯をゆっくりと飲みましょう。

内臓から温まるので、冷え対策にとてもいいですよ。

むくみを解消

セルライトを予防するにはむくみを解消させることも大切です。

むくみを解消させるには、リンパの流れに沿って下から上に体をマッサージするといいでしょう。

リンパマッサージを行うことにより、血流がよくなってむくみの解消につながります。

また、最近では脚の部分により異なる圧をかける着圧ソックスやをよく見かけます。

足がむくんでるなと感じたら、こうした着圧ソックスを利用するのもいいでしょう。

血行が良くなり、むくみ解消に役立ちます。

セルライトを作らない生活習慣を!

できてしまったセルライトは簡単に取り除くことはできません。

だからこそ、セルライトのできる仕組みを知り、予防することがとても大切です。

血行が悪くなるのがセルライトの原因なので、日頃から運動をしたり、リンパマッサージを行うようにしましょう。

また、冷えとむくみはセルライトの大敵です。

足元から体を冷やさないように対策しましょう!